<< 茶ちゃん、ありがとう。 | main | 茶の祭壇。 >>
2015.05.21 Thursday

茶が亡くなってから。

0

    気がついたらもう木曜日だった。

    茶が亡くなってから日が経てば経つほど、後悔の気持ちでいっぱいになり苦しい。

    亡くなる前日にゴハンなんかあげなければよかった。

    前日どころかもう少し前から茶が嫌がることなんか一切やめて、一緒にふにゃふにゃゴロゴロして過ごせばよかった。

    私はアホだから、点滴をしっかりしてゴハンさえ食べていたら茶はまた退院後のように復活するかもって、茶が死ぬことを認めたくなくて死なせたくないもっと一緒にいたいって気持ちが結局茶を苦しめたんだ。

    亡くなる前日にゴハンを食べさせた時の「やめてやめて」って私を見上げたクリクリした目が忘れられない。

    亡くなる瞬間の目が忘れられない。

    茶とたくさんの楽しい思い出はたくさんあるのに、今はつらいことや苦しいことばかり思い出してしまう。

    茶との楽しかった12年間を思い出したいのに。

    茶は最期までがんばり、私達に看取らせてくれて本当にありがたかった。

    もし平日だったり、当日病院に連れて行ってたら(いつもと様子が違うので病院に電話をして連れて行くつもりでいた)どちらかが看取ることが出来なかったと思う。

    チャイロー、最期まで本当にありがとう。


     

    ーーーーー

    チャイローは、5月18日(月曜日)に府中市の慈恵院 付属多摩犬猫霊園で立会葬儀をしていただいた。

    当日は、晴れて心地よい風が吹きとても気持ちの良い日だった。

    茶とのお別れが疎かになりそうで、最初はパチョビンを茶の葬儀に連れて行くつもりは全くなかった。

    でも、茶が亡くなったのが分かったのか私達の様子がおかしいのが伝わったのか、パッチョは吐いたり咳き込んだりチョビンはヒンヒン鳴いていて置いていくのが気掛かりだったので、慈恵院に電話をし『立会葬儀に犬を連れて行っても構わないか』を問い合わせた。

    そうしたら、『いいですよ〜。膝に乗せてても繋いでいてもいいですよ。ドッグランもありますよ』と快く言ってくださったので、安心して連れて行った。(ドッグランはもちろん飼い主同伴です)

    茶にお経をあげてくださったお坊さんも、2度『ドッグランで遊ばせていいんですよ〜』って言ってくださったので、お言葉に甘えてパチョビンをドッグランで遊ばせてあげた。誰もいなかったので貸し切り状態。

    たくさん走って遊んで、とてもいい笑顔を見せてくれた。

    ずっと私達が泣いたり落ち込んだりしてパチョビン達もつらい思いをしていたはずだから、茶の葬儀に連れて行きこちらのドッグランで遊ばせてあげられて本当に良かった。

    ▼慈恵院内のドッグランにて




     

    慈恵院は緑に囲まれてとても静かな良い所だった。

    こちらで茶の葬儀が出来てよかった。

    茶ちゃん、小さなお骨になってお家に帰ってきました。

    本当によくがんばったよ…茶ちゃん。
     

    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM